院長のブログ

  • HOME
  • 院長のブログ
もう30年近く前ですが、医学部に入った年に、「医学生ゼミ」という学生の集まりに行きました。そこで二、三の学生たちが分科会をもっていました。「海外医療協力」というテーマのその会にいくと、中村哲という、口ひげを生やした先生が […]

MORE

最近、デニス・テンというカザフスタンのフィギュアスケートの選手が、不幸な事件に巻き込まれて亡くなりました。その後、多くの選手、関係者が、SNSで悲しみや追悼の気持ちを表明されていました。“仲間を奪わないで”と書いた方もい […]

MORE

紹介状の話

他の病院、医院に「紹介状」を書くことがあります。正式には「診療情報提供書」といいますが、患者さんが転院されるとき、病院に入院されるとき、あるいは画像検査など、他の病院でしかできない検査を受けていただくときに書きます。春は […]

MORE

風邪の話

病院常勤医として当直をしていたとき、”患者さんが鼻水やくしゃみなど、風邪症状を訴えておられます。何かお薬を。”と呼ばれて、たいていの場合、風邪薬を処方していました。診察して処方しないでいると、患者 […]

MORE

以前講義をお聞きしたある先生は、高校時代、“おじさん”の影響を受けて医学部に進んだそうです。同じ職業だったお父様からは、ご自身の学んだことを積極的にご子息に伝えられなかったとのこと。その先生が、“おじさん”は人生で大事な […]

MORE

先日、105歳の天寿を全うされた、故日野原重明先生について、一冊だけご著書を買い、一度卒後研修についての講演を聴いたことがあります。ふだんから、信仰や、戦時中に医師になられた背景もあるでしょうが、いのちと平和の大切さをて […]

MORE

前回の話の続きです。 人が成長するとは、能力を伸ばすことでもあります。人間の能力の可能性は無限だとは、励ましの言葉としてよく言われることです。電車内の求人広告でも、「薬剤師の可能性は無限だ」などと書かれています。しかし実 […]

MORE

春は、多くの若い人たちが学校を卒業し、就職する季節です。学生時代に、勉強、課外活動、またアルバイトで、責任ある役割をしたといっても、社会人になって任される仕事で生じる責任はずっと大きく、それをこなしていくことで、自身が成 […]

MORE

認知症を疑われる方は、長年通院しておられる内科などの先生に多くご相談されているでしょうが、私たち精神科の医師のところにも来られます。これは私たちにとっての話題なのですが、WHO(ダブリューエイチオー、世界保健機関)が、I […]

MORE

診療所のある昭和町、また阪南町付近は、昭和4年に土地区画整理がされ、その頃に建てられた町屋といわれる木造住宅もまだ残っています。こうした住宅は通気性がよく、高温多湿な夏を少しでもしのぎやすくさせてくれます。しかし今の生活 […]

MORE